肝臓の検査

肝臓の検査には次の項目があります。

 

血液検査

 

肝細胞変性・壊死の指標

 

1.ALT、ASTは以前はそれぞれGPT、GOTと呼ばれていました。これらは共に肝細胞の変性と壊死により細胞質ないにあった酵素が血管内に流出したもので、酵素そのものの作用を評価するものではありません。

 

これらは肝細胞以外にも、心筋細胞などに多く含まれるので、心筋梗塞などの疾病により数値が上昇することもあります。正常値はALT0〜35IU/l、AST5〜40IU/lです。

 

2.LDH  

 

肝細胞障害によって血中に流出してくる逸脱酵素です。

 

肝細胞の合成、排出機能の指標

 

1.コリンエステラーゼ

 

血中のコリン化合物を分解する酵素で、肝細胞で合成・分泌されます。検査では肝細胞の蛋白合成分泌能の指標とされます。正常値は1,060〜1,820UI/lです。

 

2.コレステロール

 

肝細胞の脂質代謝の指標とされます。正常値は120〜250mg/dlです。

 

3.胆汁酸

 

肝疾患で数値が上昇します。

 

4.血清ビリルビン

 

ほとんどが老廃赤血球由来です。正常値は1mg/dlです。

 

胆汁うっ滞の指標

 

1.γーGTP

 

飲酒で上昇します。正常値は0〜40UI/lです。

 

参考:肝臓の数値

 

病理学的検査

 

肝臓に穿刺して少量の組織片を採取し、病理学的に検査する方法です。患者に負担がかかるので、診断が難しい場合に限って行われます。

 

超音波検査

 

エコー検査とも呼ばれ、特別な準備が不要、かつ患者に苦痛がないため繰り返し実施することも可能です。肝臓の大きさ、表面状態、肝実質の状態、脂肪の程度、血管の状態がわかります。

 

X線・CT・MRI

 

超音波診断技術の普及によりほとんど行われまくなりました。

 

肝弾性度測定

 

体表から肝臓に低周波・低出力の剪断波を送り、肝臓の弾性度を測定します。