肝臓の数値の意味

血液検査でわかる肝機能の状態を示す検査値には次の項目があります。

 

参考:肝臓の検査

 

ALT(GTP)

 

細胞内で作られる酵素で、主に肝細胞に存在しています。体内でのアミノ酸やエネルギーの代謝過程で重要な働きを担っています。

 

肝細胞が破壊されることで血中に漏れ出します。数値が高くなればなるほど肝臓の受けている障害が重篤であると言えます。

 

AST(GOT)

 

細胞内で作られる酵素で、肝細胞、心臓、腎臓などの臓器に多く存在しています。体内でのアミノ酸やエネルギーの代謝過程で重要な働きを担っています。

 

肝細胞が破壊されることにより、血中に漏れ出します。ただし、AST(GOT)は肝臓以外の臓器にも存在しているため、肝臓以外の臓器の疾患も考えられます。肝機能とチェックする場合にはALT(GPT)の数値と合わせて判断することが必要です。

 

γーGTP

 

肝臓や腎臓などで作られる酵素で、肝臓内の通常肝細胞や胆管細胞、胆汁中にも存在しています。タンパク質を分解・合成する働きを担っています。

 

アルコールやある種の薬により多く作られるようになり、結果として血中に漏れ出し、数値が上昇します。胆汁うっ滞や胆管細胞の破壊により数値が上昇する場合もあります。

 

ALP

 

体の様々な細胞で作られる酵素で毛細胆管膜に多く存在し、胆汁中にも存在します。リン酸化合物を分解する働きを担っています。肝障害による胆汁うっ滞により数値が上がります。また成長期の子供や骨の病気などでも数値が上がります。

 

総ビリルビン

 

肝障害により胆汁うっ滞が生じると数値が上がります。肝硬変が進展、肝不全の進行により徐々に上昇します。

 

総タンパク

 

肝機能の異常によるアルブミンを作る機能が低下し、数値が下がります。肝硬変が進むと減少します。

 

血小板

 

肝炎や肝硬変により血小板の生産量が減ったり、肝臓の血流低下により血小板が破壊されることで数値が下がります。

 

LD(LDH)

 

LDは体の様々な場所で作られる酵素で、糖質をエネルギーに変える働きをします。肝細胞が破壊されることにより血中に漏れ出し、数値が上がります。

 

コリンエステラーゼ

 

肝細胞でのみ作られる酵素で、体中に存在しています。肝機能の低下によりコリンエステラーゼ作成能力が低下し、数値が下がります。脂質代謝にも関連するため、栄養過多による脂肪肝などでは多く作られ、数値が上がります。