肝臓と食事

肝臓病の食事療法の大原則は、「十分なエネルギーとタンパク質を採り、脂質を控える」といわれていましたが、

 

近年では「適正なエネルギーを、栄養バランスの取れた食事でとる」方向に変わってきています。肝臓病の病態により、最適な食事を挙げていきます。

 

慢性肝炎

 

三食を規則正しく、主食(タンパク質)1品、副菜(野菜)2品を基本とします。1日に果物1個、牛乳コップ1杯、油を使った料理を2品程度採ります。アルコール以外の嗜好品も採りすぎないよう注意が必要です。

 

参考:肝炎とは

 

脂肪肝

 

標準体重を算出し、それに見合った食事量に見直します。不規則な食事時間、早食い、まとめ食いなどの悪習慣があれば見直します。嗜好品の採りすぎによる肥満に注意します。

 

アルコール性肝障害

 

とにかく禁酒することが第一です。そのまま飲酒を続けると肝がんになりやすくなります。食事は慢性肝炎に準じたバランスの良い食事を心がけます。

 

肝硬変

 

肝硬変の病態によって食事療法も異なります。

 

重篤な症状がない状態

 

慢性肝炎に準じた食事療法を行い、場合によってはアミノ酸製剤を補給します。重症になると味覚が鈍化するため、塩分やカロリーの採りすぎに注意が必要です。肥満気味であったり、糖尿病を併発している場合もカロリーの採りすぎに注意が必要です。

 

以下のような症状がある場合

 

A.腹水がある場合

 

腹水の程度に応じて塩分の摂取を制限します。

 

B.肝性脳症の場合

 

血中アンモニア過多による意識障害を防ぐため、アンモニアの元になるタンパク質を制限します。不足するタンパク質をアミノ酸製剤で補います。

 

タンパク質を上手に制限するため、低タンパク質のごはんや麺類、小麦粉などの特殊食品の利用が勧められます。

 

便秘による肝性脳症を防ぐため、食物繊維を多くとるよう心がけます。

 

C.食道静脈瘤

 

食べ過ぎや刺激物、固い食べ物などによる食道への刺激を避けます。症状や病態に合った食事を心がけ、肝機能の維持に努めましょう。

 

肝臓病の症状を詳しく見る場合はこちらを参考に。